ホーム業務内容 > メニュープランニング&プロダクト

メニュープランニング&プロダクト

1日1万5000食の調製能力を持ちメニュー開発にも積極的に取り組んでいます。

安全とおいしさを保つためにあらゆる工夫を

地上3階建ての工場は、製造部門の室温を最適に維持するため、天井に抗菌断熱パネルを使用し、ホットキッチンには天井一体型排気システムを導入。
各部門の冷蔵庫・冷凍庫は集中温度監視システムにより、常に一定の温度に保たれます。
旨味が逃げないように表面だけを焼き、機内で温めて出したり、出来たての料理を急速冷却して、味が落ちるのを防いだりするなど、おいしさを逃しません。
各航空会社により異なる食器の種類や個数も、すべて全自動の食器保管庫にて管理しています。

  • 仕込みや調理を行うホットキッチン
  • 盛付け作業も時間・温度を厳しく管理
  • トレイセットも素早く、正確に行われる
  • 非加熱調理を担当するコールドキッチン
  • 新メニューの開発に関するミーティング
  • 多種多様な料理を各航空会社に提案する
新メニューの開発を通じて空の旅を演出
メニュー企画・商品開発グループでは、新しいメニューの開発・研究にも積極的に取り組んでいます。
人の味覚は気圧の低い上空1万メートルかつ乾燥した機内では地上における場合と大きく異なるため、味付けにはひと工夫が必要です。
各国の多種多様な料理を各航空会社に提案・プレゼンテーションしています。
機内食ならではの心遣いを忘れない
運搬に便利なように平らに盛付けしたり、宗教上の戒律に応じて食材を選んだりという、機内食ならではの心遣いも万全です。
定期的に行われる航空会社へのミール・プレゼンテーションでは和洋中、オードブルからデザートまでさまざまな料理が並びます。