ホーム業務内容 > オペレーション

オペレーション

1日1万5000食の調製能力を持ちメニュー開発にも積極的に取り組んでいます。

  • 各国の飛行機を舞台に活躍するスタッフ
  • 各方面に情報を伝えるディスパッチャー
  • セットされた機用品を細かくチェック
安全とおいしさを保つためにあらゆる工夫を
情報管理基地であるディスパッチルームでは、各エアラインからの依頼をキャッチしてメニュー内容や構成、数量、搭載時間などを関係部署に連絡します。
機内食は、ローディングスタッフがトラックで運搬して、ハイリフト操作でコンテナ部分を持ち上げ、出発便のドアに付け手早く運び込みます。
一連の作業にかかる時間は約40分。クルーからチェックを受け完了です。
世界を巡ったシェフが本場の味を再現
NACの仕事は機内食調製だけにとどまりません。
航空旅客が快適な空の旅を楽しめるよう、ビール、ワインなどのアルコール飲料や、清涼飲料、機内販売品などを路線別に取りまとめ正確に搭載します。
機内食ならではの心遣いを忘れない
セントレアに到着する数多くの航空会社の機内食オペレーションを一手に担当しており、クルーの皆様も世界各地の方々がいらっしゃいます。
各航空会社やクルーのニーズに柔軟かつ確実にお応えできるよう、幅広い知識・技量をもったプロフェッショナルなスタッフ達が対応し、顧客満足の向上に日々努めています。